会長挨拶

2019~2020年度 クラブ会長の計画及び目標

『ロータリーの輪を広げ、地域に根ざした奉仕をしよう』

高崎ロータリークラブ

2019~2020年度 会長 広瀬 雅美

本年度、国際ロータリーのマーク・ダニエル・マローニー会長は、「ROTARY CONNECTS THE WORLD ロータリーは世界をつなぐ」をテーマとしました。すべてのロータリーファミリーが繋がり、ロータリーネットワークのインフラが国連を含む世界と繋がるというものです。

また、2840地区森田高史ガバナーは、「クラブ イノベーション」-クラブの将来像を明確にし クラブ改革を実践しよう-をテーマとし、地区運営方針の中で「連続性」と「双方向」の必要性を示し、具体的な目標を設定しました。

高崎ロータリークラブとしては、地区内最大会員数クラブとなり、私たちが認識している以上に周囲から注目されているクラブとしての自覚と誇りを持ち、名実ともにNO.1クラブとなるように積極的な事業を展開して参ります。どうぞ一年間ご協力をお願い申し上げます。

クラブの目標

  1. 高崎ロータリークラブ基金を創設し、中長期のクラブ戦略計画に基づいた新たな奉仕事業を展開します。
  2. 次世代を担う青少年育成の支援を強化します。
  3. 他クラブとの交流を推進します。
  4. 会員相互の親睦をさらに深め、職業奉仕活動を活発化します。
  5. クラブ運営の効率化を図ります。