会長挨拶

2021~2022年度 クラブ会長の計画及び目標

『ロータリーを実践しよう 心豊かな人生にするために』

高崎ロータリークラブ

2021~2022年度 会長 根本 康弘

本年度、国際ロータリーのシャカール・メータ会長は、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」をテーマとしました。

また、2840地区足立進ガバナーは、「奉仕の理想を掲げ、新たな旅に出よう」を地区スローガンに定めました。

どちらも、社会や世界を変革する奉仕活動を展開しようと呼びかける力強いテーマです。

高崎ロータリークラブとしては、ロータリーの原点である「友情と奉仕の心」を実践して、みんなの人生が、心豊かになるよう知恵を出し合って活動をして参りたいと思います。

コロナ禍で活動に制限があると思いますが、一年間会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。

クラブの主な計画及び目標

  • 一日一善(一日一奉仕)の実践
    善(奉仕)は身のまわりに沢山あります。
    小さい一善(奉仕)から社会の問題点(ニーズ)が見えてくる。
  • 子供食堂ネットワーク高崎への支援
    地区補助金事業及びフードバンク等で生活困窮者の支援
  • 「高崎ロータリークラブ基金」事業での他団体支援
  • 高崎経済大学附属高等学校インターアクトクラブとの協働
  • 全ての事業、例会に於いての新型コロナ感染症対策実施